全員が転職者

私は冷凍冷蔵食品を取り扱う倉庫でフォークリフトの運転をしています。以前、同業他社で働いていましたが、転職しました。このような食品倉庫で扱う荷物はトラックや船で運ばれることが多いので、高速道路のインターチェンジの近くや港のそばに建設されることがほとんどです。私はもともと、とある埠頭の倉庫に勤めていたのですが、その埠頭のそばの海が埋め立てられ、新しい企業が何社か進出することになりました。

 

そして、その中に冷凍冷蔵食品を扱う倉庫会社もいくらか含まれていました。私は当時勤めていた会社に特に不満があったわけではありませんでしたが、同業他社の求人条件が気になり、調べてみることにしました。給与や福利厚生面ではそれまでの会社と大した違いはありませんでしたが、私がひきつけられたのは規模の大きさでした。それまでの会社は2階建てのさほど大きくない倉庫でしたが、新しい倉庫は5階建てで収容能力は、それまでの倉庫の3倍以上もありました。私は、この規模の大きさに魅せられて転職を決意しました。

 

幸い、経験者は優遇され面接に行くと即決で採用していただけました。日本各地に倉庫を所有している会社で、管理職の方は本社から来られましたが、フォークリフトを運転して現場で働く労働者は現地で新規採用され、結局、私を含め10名ほどでスタートしました。全員が転職者で、かつ、経験者でしたから仕事はスムーズにマスターできましたし、お互いの気持ちもそれなりに理解し合えました。年齢は20代後半から50歳前後と幅がありましたが、皆が連帯意識を持って新しい倉庫を成長させていくことが出来た、と感じています。